あっ、そうかNETは、草加市産業振興課が運営する、事業者さんと市民・観光のお客さんを対象としたサイトです

草加市について

草加市産業振興課HPへようこそ。
草加市はこんなところです。

草加市全体のホームページはこちら

草加市

埼玉県の東南部に位置し、市の南側は東京都足立区と隣あっています。

<広さ>東西7.24km、南北7.6km、総面積27.42km²
<位置>東経139°48′20″、北緯35°49′32″、海抜2.0m

工業団地付近

工業団地付近

ものづくりのまち

当市は東京都に隣接し、日本橋から15kmと都心へのアクセスが良く、利便性に優れます。
また、市内北部を横断する東京外環自動車道は、常磐自動車道・東北自動車道・関越自動車道へ接続。
首都圏の活動拠点として関東一円を網羅することが可能です。

更に東武鉄道と日比谷線・半蔵門線・東急田園都市線の相互乗り入れや、成田空港・羽田空港直行バスの運行など、都心・ターミナルへの交通アクセスに優れ、効率的な企業活動が実現できる立地特性となっています。

市の東部には埼玉県内初の工業団地「草加・八潮工業団地」があり、市内を通る産業道路や国道4号線、298号線など幹線道路の整備も進み、周辺の住環境と調和した産業活動を実現しています。

○市内の事業所数 約7600社
○製造業1350社(従業員4人以上は580社)
○主な業種 金属製品製造業21%、一般機械製造12% など

産業振興の基本方針及び目標(PDF形式:125KB)

アクセス

道路 鉄道 バス

外環草加ICから
●関越道  大泉I.C…約20分
●常磐道  三郷I.C…約5分
●東北道  浦和I.C…約10分
●首都高速 箱崎I.C…約30分

草加駅から
●東京駅  36分
●上野駅  22分
●大宮駅  45分

日比谷線乗り入れ、
半蔵門線/東急線乗り入れ

東武鉄道へ

空港便直行
●羽田空港  90分
●成田空港  100分

東武バスへ

歴史

縄文時代 市内の大半が海の底で、陸は河川の流れによって作られたわずかな高地がある程度でした。
古墳時代 市内から多数古墳時代の遺跡や土器が多数発見されています。
鎌倉時代 自然堤防の上に道が作られ、人が往来するようになりました。
室町時代 草加の北東側(柿木など)に集落が形成されました。
江戸時代 柿木などを除き、市内の多くが幕府の直轄領である天領でした。
また、この頃奥州・日光街道の整備による草加宿が誕生しました。
明治時代 明治維新後、廃藩置県により市域のほとんどは小菅県へ(後に埼玉県へ)。
明治32年には東武鉄道が開通しました。
昭和以降 昭和30年、町村合併促進法により草加町、谷塚町、新田町が合併。
その後昭和32年に現在の市域が確定しました。

草加の財政

草加市の財政(草加市ホームページ)

○財政健全化判断比率等
○決算状況調書

草加の名産・著明な建造物など

草加松原遊歩道/松並木 約600本の松が遊歩道に植樹されています。
草加せんべい 言わずと知れた?醤油味の煎餅。市内には約70軒もの煎餅屋があります。
また、煎餅の材料である米を扱う米屋さんも多いんです。
日光街道 松尾芭蕉も俳句に残した日光街道2つめの宿場町
甚左衛門堰 県指定の文化財。江戸時代に治水・利水のため作られた水門
歴史民族資料館 国の有形文化財。大正15年に建てられた県内初の鉄筋コンクリート造の小学校。

文化財一覧(草加市ホームページ)

ページの先頭へ▲

【お問い合わせ先】草加市役所 産業振興課 電話:048-922-3477(直通)