あっ、そうかNETは、草加市産業振興課が運営する、事業者さんと市民・観光のお客さんを対象としたサイトです

モノづくり市長ふれあい訪問

市内の特色あるモノづくり現場を、田中市長が訪れ、話を伺いました。

駒崎昌紀さん(金明町1334-1)

「芽(目)が出る」縁起のよい食物として正月料理などに用いられるくわい(慈姑)の収穫におじゃましました。

くわいの収穫は12月が最盛期。明治から昭和にかけて市内で盛んに栽培されていましたが、農地の減少や栽培に熟練を要するため、現在は2軒で栽培するのみです。

「くわいが市内で栽培されていることを多くの人に知ってほしい」と駒崎さん。
歴史ある草加の伝統野菜を守り、大切に育ててくれています。

くわいは水生植物で、田んぼに水を張って育てます。
くわいは水生植物で、田んぼに水を張って育てます。
冬場の収穫は重労働です。
シルバー人材センターの会員6人の協力で収穫。
シルバー人材センターの会員6人の協力で収穫。

ページの先頭へ▲

【お問い合わせ先】草加市役所 産業振興課 電話:048-922-3477(直通)