あっ、そうかNETは、草加市産業振興課が運営する、事業者さんと市民・観光のお客さんを対象としたサイトです

災害時は、新型コロナウイルス感染予防を踏まえた行動を

災害時の避難所は不特定多数の人が集団生活を送ることになるため、新型コロナウイルスに感染するリスクの高い環境となります。災害が発生したときの対応について、日頃から各自、想定しておきましょう。

在宅避難とは?

災害時に避難所に避難せず自宅で生活を続けること。
3密を避けられるため感染予防のほか、住み慣れた空間でプライバシーを保ちながら過ごせるというメリットもあります。

在宅避難ができるよう、食料・水などの備蓄や家の中の安全対策をとる。

発熱等の症状が出た場合に備え、親せきや知人宅など、避難所以外の避難方法を決めておく。

災害時に自身と自宅の安全が確保できる場合、
在宅避難(水害時は2階以上への垂直避難)をお願いします。

避難所は感染リスクが高まる可能性があります。

避難所よりもまずは建物の2階以上への避難

避難所へ避難が必要な時は

マスクを着用し、できるだけ体温計・消毒液・室内履き(スリッパ)の持参をお願いします。

避難所では健康状態の確認と受け付けを行います

【ステップ1】 手指消毒・検温

【ステップ2】 健康チェックリストを記入

【ステップ3】 避難者カードを記入

  • 氏名、年齢、住所
  • 緊急連絡先
  • 家屋の被害状況
  • 個人情報の取り扱いなど

【ステップ4】

健康な人

  • 一般避難スペースへ移動
  • 避難所の運営に協力

発熱、強いだるさ等の症状がある人

  • 濃厚接触者
  • 発熱者等専用スペースへ移動

限られた人数での対応となるため、避難者も避難所の運営に協力をお願いします。

問い合わせ

危機管理課へ。
電話048-922-0614
ファクス048-922-6591

ページの先頭へ▲

【お問い合わせ先】草加市役所 産業振興課 電話:048-922-3477(直通)