あっ、そうかNETは、草加市産業振興課が運営する、事業者さんと市民・観光のお客さんを対象としたサイトです

今日のごはんは草加の野菜にしない?

新鮮野菜は栄養たっぷり!お家の近くで味わっちゃおう
写真:昨年度の枝豆収穫体験(瀬崎小)

市内販売所59件を掲載
庭先販売マップ

新鮮な農産物の購入や、農家さんとの交流を楽しんでください。
マップは都市農業振興課等で配布しています。

庭先販売マップ

市ホームページにも掲載。

草加産農産物を販売・使用するお店
草加市地場農産物使用推進店

登録店募集中

草加産農産物のファンを増やし、地産地消の推進、知名度の向上を目指すため、PRに協力している飲食店・小売店を「草加市地場農産物使用推進店」として登録する取り組みを始めました。

草加市地場農産物使用推進店

推進店は市ホームページで随時紹介しています。

草加は「野菜」の生産が盛んな土地柄

草加市は消費地に近く、鮮度を落とさず食卓へ届けることができるため、新鮮さが重視される「野菜」が盛んに生産されています。

中でも、枝豆や小松菜は作付け面積が広く、市の特産品として知られています。

枝豆

昭和30年代から市内で本格的に生産がはじまり、品質の高さから高級品としても人気。

小松菜

1年中安定して生産されている。
作付け面積は約10万4000平方メートルで東京ドーム約2.2個分相当。

ほかにも季節や地域ごとに様々な農産物が生産されています。

地図

新田地区 市内で最も農家戸数が多い。枝豆・小松菜等を生産。市の花「菊」の栽培も盛んな地域。
安行地区 植木や庭木用の樹木などを多く栽培。造園が盛んな地域。
谷塚地区 地区西部を中心に田畑が多い。庭先販売所が充実。菊やシクラメン等の栽培も盛んな地域。
川柳地区 市内唯一の市街化調整区域があり、米作が盛んな地域。
草加地区 土地の資産性が高く、農地の維持が難しい地区。交通の便がよく、体験農園等の事業展開も見られる地域。

農業の相談は「都市農業ワンストップ窓口」へ

草加市都市農業振興基本計画の策定を契機に、4月から都市農業振興課を新設しました。

同課では、農業に関する相談を一括して受け付ける都市農業ワンストップ窓口を設置しています。

  • 農地の売買・貸借・市民 農園の開設
  • 市内の農産物を飲食店や小売店で使用・販売したい
  • 農業に関する支援制度など の相談

問い合わせ

都市農業振興課へ。
電話048-922-0842
ファクス048-922-3406

ページの先頭へ▲

【お問い合わせ先】草加市役所 産業振興課 電話:048-922-3477(直通)