あっ、そうかNETは、草加市産業振興課が運営する、事業者さんと市民・観光のお客さんを対象としたサイトです

信用保証協会が行う中小企業の
会計処理による割引制度の見直しについて

中小企業会計割引制度は、「中小企業の会計に関する指針」に準拠して作成される中小企業の計算書類について、税理士税理士法人及び公認会計士(以下「税理士等」)により中小指針の準拠を確認するチェックリストが提出された場合において、信用保証協会の保証料率0.1%の割引が認められる制度です。

会計割引制度の適用は、平成18年4月の制度創設時では、チェックリストの添付によって認められ、平成19年4月の制度見直し後では、チェックリスト中の15項目のうち1項目以上の準拠によって認められることとされています。

見直しについて

制度開始から6年を迎え、中小企業の会計の質向上を促す効果を高め、制度の適正化を図るため、次の見直しを行います。

1.チェックリストの全部準拠

1)信用保証協会は、チェックリストの全15項目すべてが中小指針に準拠していることをもって会計割引制度を適用します。
※ただし、当該中小企業が保有しない資産の項目については除外します。

2)チェックリスト全15項目について中小指針に準拠している旨の記載があるにも関わらず、故意・過失を問わず事実と異なる記載が認められると信用保証協会が判断する場合は、会計割引制度の利用を認めないこととします。

2.事実と異なる記載に対する一時利用停止措置

故意・過失を問わず、事実と異なる記載と保証協会が認めるチェックリストが、複数回にわたり、同一の税理士等から提出された場合において、当該税理士等から提出されるチェックリストの添付をもって、計算書類の信用性向上に寄与することが認められないと信用保証協会が判断する場合は、当該税理士等が確認したチェックリストについては、会計割引制度の利用を1年間認めないこととします。

スケジュール

上記運用の変更は、平成24年4月1日から行います。

詳しくは、経済産業省 中小企業庁金融課へ。
電話03-3501-2876

ページの先頭へ▲

【お問い合わせ先】草加市役所 産業振興課 電話:048-922-3477(直通)